30歳になってからのスキンケア

30歳で気づいた肌変化

30歳になってから段々とシワや、目の周りの乾燥が気になってきました。

接客業なので、乾燥がひどい時にはうっすらとほうれい線の笑いジワもも気になります。

もう普通のスキンケアだけではダメなんだと痛感しました…

といっても何を使えば良いのか、何が自分に合うのか雑誌やネットやSNS、情報がありすぎて全くわかりません…

シミが気になる

シミも気になっていました。ちょっとずぼらな私は、オールインワンジェルのシズカゲルを使うことにしました。ビタミンC誘導体配合で美白になりたいお肌にちょうどいい。

シズカゲルは口コミや評判も良いオールインワンジェルなので、周りの女子がみんな使っていました。

保湿一点集中!

化粧水は今まで使っていたドラッグストアのものでもしっとりもっちりするのでそのまま使い続ける事にして、まずは保湿を見直しました。

今まではベタベタするのが嫌で乳液は薄っすらと塗るくらいだったので気になっていたホホバオイルをつかってみました。

オーストラリア産 ACO認定オーガニックホホバオイル
未精製の綺麗なゴールドのオイルです。

値段は30mlで3000円弱…
ちょっと高いかなと思ったのですが、一度に使う量は3~4滴コスパは結構良いと思います。

使い方は、化粧水をたっぷり染み込ませた後に手のひらに3?4滴オイルを伸ばします。

顔を包み込むようにしっかりとプッシュするように押さえ込み乾燥が特に気になる所には1滴指先にとり優しく塗り込みます。

たったコレだけですが肌馴染みがよく浸透するのでベタベタせずしっとりとします
目の周りの乾燥や小ジワ、ほうれい線の薄っすらとしたシワも
オイルを塗り込むようにしたら全く気にならなくなりました

肌だけでは無く、髪に塗る事もできるので毛先が乾燥する時にも使う事ができます

年齢問わず、基本は洗顔と保湿です。

 

いくつになっても、スキンケアの最後の砦は洗顔と保湿だと思っています。

いろいろなものを試してきましたが、必ずというほどに戻っていくメソッドがあります。

良く泡立てて洗顔すること、そして洗いすぎないこと。

保湿は丁寧に時間をかけて、さらにクリームなどで蓋をすること、です。

洗顔料は生クリームのように泡立ててから

最近は洗顔ネットだけでなく、たっぷりの泡が簡単に作れるツールが販売されており、あれこれ試すと驚くほどきめ細かな泡が作れることがわかります。

せっかくの洗顔料、そして石鹸ですから、使うのは少量でもたっぷりの泡を作ってから洗顔しなければもったいないですね。

その泡を両てのひらで丁寧に顔の上を転がすように、力を入れずにそうっと洗いましょう。

小鼻の際など細かい部分は薬指を使うのがコツです。

ぬるま湯で丁寧にすすいだら、さぁ、保湿です!

保湿はシートマスクでパック!

以前はコットンに化粧水を含ませて、層をはがしながら顔に貼り付けて保湿パックをしていましたが、最近は安価で大容量のシートマスクが増えており、ドラッグストアなどで気軽に購入できます。ただ化粧水をつけるのではなく、数分肌の上にとどめておくことでより一層保湿成分が浸透し、肌が潤います。

お風呂から出たらその瞬間にぱっと一枚、シートマスクを貼りましょう。

しかしあまり長い間貼り続けてはいけません。

マスクが乾燥し始めると、せっかく肌にしみ込んだ水分が引き戻されてしまいます。

3分から5分程度が適当であると言われています。

はがしたら、首筋や耳の裏、肘や膝なども軽く拭いて捨てたら、オールインワンジェルや油分を含んだクリームで保湿成分を肌に留めるよう蓋をして終わりましょう。

繰り返していくと肌が変わりますよ。

おすすめの洗顔スプレー

人によっては洗顔が凄いおっくうだと感じている女性もいるのではないでしょうか?

洗顔フォームでの洗顔が面倒だという方におすすめなのがととのうみすとです。スプレータイプの洗顔料で、顔にスプレーを吹き付けるだけで汚れが浮き出て流れ落ちます。あとはサッとタオルでひと吹きするだけ。

見違えるようなきれいな顔を取り戻します。

泡タイプのようなめんどくさい洗顔をする必要がないので多くの女性に支持されています。しかも汚れが落ちているのが手に取るようにわかるから嬉しいです。

日々のバストケアとバストの悩みについて

わたしのバストの悩みは、妊娠で黒ずみ、子供への授乳で伸びてしまった乳首です。

授乳で胸も萎んでしまいました。

そんなわたしは、日々バストアップクリームと乳首ケアクリームを塗るように心がけています。

バストアップクリームは、塗るときに手で揉むようにしながら塗っています。

バストは揉まれるとおおきくなると聞いたのでそうしています。

また、お風呂あがりにそのようにマッサージしたあとは、必ずナイトブラを着用しています。

夜にブラジャーを付けるのは窮屈ですが、何も付けないでいると垂れてしまうのでこのようになりました。

バストアップサプリも欠かせません。私が食べているのはリゾレーヌゼリー。ゼリータイプで5つの味が楽しめるので無理なく寝る前に食べています。

乳首もお風呂あがりにクリームを塗るようにしています。

乳首にクリームを塗るようにしていたら、少しずつ以前のようなピンク色に近づいてきました。

そのクリームは黒ずみが気になるところには、すべて使える物なので、デリケートゾーンやヒジ、ワキ、ヒザにも塗っています。

日々の生活でも姿勢に気をつけるようになりました。

猫背になるとバストも垂れてきてしまうので、なるべく背筋をピシッと伸ばしています。

ほかにも豆腐や豆乳、納豆などの大豆を使った食品も頻繁に食べるようにしています。

食材は美味しく食べやすいものが多いので、無理なく続いています。

これだけは必ずやらねば!

私の髪質は猫っ毛のストレートなのです。柔らかくて真っ直ぐ、寝癖もほとんどつかないので、寝起きでも鏡をノールックでゴミ出しにいけます。

よく友達には羨ましがられるのですが、実際のところブローが長持ちしない、パーマがかかりにくいなどの悩みもあるのです。

「ストレート」であるがゆえ、ある意味これもくせ毛のようなものです。

そんな私でも気をつけていることが1つあります。

シャンプーやコンディショナーのブランドにはこだわりはないのですが、この2つはよく流すこと。

そして、タオルドライをしっかりして、半乾きのうちに毛先にヘアオイルを少しなじませる。

それからドライヤーでしっかりと乾かす。ということです。

ドライヤーで乾かすときはブラシでのブローはせず、ただ手ぐしでよく乾かすだけです。

今お気に入りのヘアオイルはエメリルオイルです。

ほのかな香りで、手についたオイルをそのままハンドオイルとしても使えます。

エメリルオイルは口コミでも評判で人気が高い商品です。

なぜヘアオイルを使うかというと、猫っ毛なので髪の毛が細く、ドライヤーの熱やブラッシングでも毛先が傷みやすいからです。

髪を洗ったあとは、これだけをしっかり終わらせておけば、翌朝の寝癖はほとんどありません。

手ぐしだけで大丈夫です。

私のヘアケアは参考になりましたか?髪の毛がまとまらないと一日すっきりしないですよね。

みなさんの日常のヘアケア方法で良い方法があったら是非教えてくださいね。

年齢とともに気になるお肌の悩みについて

20代、30代、40代と年齢を重ねるごとに、年々肌の悩みが増え続けています。

■20代の頃
20代の頃は、寝不足や仕事の疲れ・飲みすぎなどの理由で化粧のりが悪いなと感じることはありましたが、それでも日々普通にスキンケアをしていれば、そこまで不安になる事は少なかったです。

■30代の頃
ところが30代になると、ちょっとした原因というよりは肌自体の機能が落ちた事で、常に気をつけていないといい状態は維持できなくなったんです。
当然20代の頃に使っていたベースメイクでは、化粧がよれたりうまくのらないことが増え、より粒子が細かくピタっとするタイプに変更せざるを得えませんでした。

さらに、最も困るのが、この時期念入りにお肌のお手入れに時間をかけれたらいいのですが、仕事が忙しかったり、結婚や出産で自分の時間が大幅に削減されるなど、なかなか思うようにはいかなくなるんです。

■気づけば40代
そしてそんな忙しさがさらに高まる40代、気づけば肌の状態は完全に年齢肌の悩み真っ只中で、どうにもこうにもスキンケアを頑張るくらいでは、なかなか解決できないところまできてしまっていました。

もちろん忙しさも相変わらずなので、沢山の時間やお金をかけることも難しいので、できる範囲でできることを頑張ってはいますが、まさに一進一退という状態です。

■これから
このままさらに年齢を重ねたらと考えると、今思うのは不安ばかりです。これだと思えるスキンケアを早く見つけなければと、ひたすら焦る今日この頃です。